上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
自走で行きます! ・グリーンライン

先週に膝を痛めたというのに・・・なんと無謀な・・・
出かけるまで結構不安だったけれど、乗ったら忘れた(爆)
まぁ、平地ならのんびりでも帰ってこれるさ。

少し遠回りになるけれど入間CRを通って行きます。
まだ彼岸花咲いてますね。

 iruna CR

途中にあったコスモス畑(?)でちょっと休憩。
もう、コスモスも終わりかな。

 kosmos zoom


巾着田そばまで来ると渋滞してました。曼珠沙華 見頃ですからね。
ちょっと寄って見て行こうかとも思ったのですが・・・・

はっ! Σ( ̄o ̄;) 私、今日夜予定あるじゃん(汗)

ここまでずっと忘れてました。
ふえ~~~、のんびりしていられません。先を急ぐことにします

鎌北湖まで登っていったん休憩&補給。
のんびりしながら釣りをしている人を見てると・・・お!釣れた!! 


さ、いよいよ逆・グリーンラインGo!!

反対から来た時より急に感じますが、序盤はまだなんとか行けます。
私の魂がちょっと抜けた一本杉峠を過ぎ、顔振峠へと向かっていきます。

途中見晴らしの良いところがありました。 ココはいい!ちょっと止まりましょう。
お天気良くて気持ちいいです

  green fine
  ナル度が上がってきた模様・・・

だんだんと足が張ってきました。  まだ、ダイジョウブ。

ウマいよ、これ~ ^^)ノ 
なんでもない顔して、走りながらもしゃもしゃと補給食を隣で食べてるすこさん

じーーーーーーーーーっ (ーー;
もう言葉もでないので、目で訴えてw 補給食をすぐに食べられる状態でもらいます。

うん、おいしー♪

少し気分が反れて余裕がでた分、ラクになりました。

前へ進むようにと、前を向こうとしますが、
そんな時にカーブ手前からその先の道の傾斜が見えたりすると・・・逆効果

でも、心拍180までいっていないから、まだ行けるっしょ!、て思ってみたり。
心をポジティブな方へと向けようと、自分の中で騙し騙しな状態です。

ペースは6km/h、時々8km/hまでUPという感じ。
キツイけどゆっくりだから心拍への影響は少ないのかな??

まだ2枚残ってる、というので (・・・もういっぱいだと思ってましたw)
その2枚で調整しながらもう少し、もう少し・・・。

しかし、ついには、足が痛くなってきて、あ・・・・膝、きたかも・・・

頑張れ、頑張れ、まだ回せる、踏める、もうちょっと、もうちょっと・・・・(><。)

 ・
 ・
 ・
 ・
もぅ、無理~~~っ (T^T)

言葉に出してしまったら、がーーーーーーっと心折れました
それでもまだ止まりたくないから、ゆ~っくりになっても走っていたけれど
きつくて、声だけは完全に泣き入りました・・・

さすがにその様子をみて、すこさんが背中押してくれました。

絶対、逆も登りきるっ!! ・・・って思っていたのに。


あ~~~ぁ。 達成できず・・・ しゅ~~~ん



顔振峠までついて、ちょっと ほっ。  なんとか登ったね。ヽ(´▽`)ノ

   moucyotto.jpg
 

富士山はこの日もおあずけ。 
ちゃんと自分で登れたときに見れればいいです。

  zannen mt.FUJI

来た道を戻るのはもったいない気がするので、
その先に毛呂山方面へ出られる道があったらそこから下りることにして先に進みます。

傘杉峠まできました。

  kasasugi.jpg

う~~ん、299側へ出る道はあったけど、反対側は無いねぇ~。。
さらに進みます。

お。分岐。ここから行っちゃいますか(^^)ノ
 
bunki.jpg saruiwasen.jpg

はぁ~、登りから解放される~。

下り始めてすぐに、開けた眺めの良いところが!
コレ、のりさんのを見てやりたかったみたいです ( ^ノo^)

  kitado-.jpg


この後は、下りきるまで登り返しナシ!
嬉しい、楽しい、って思ったのは初めのうちだけ。

ず~~~~~~っと下りで・・・・手痛くなって・・・・

飽きてきた (爆)

と、湧水のあるところみーっけ。
ちょっと止まってみます。
横には道がありました。ハイカーコースですね^^

この坂、某チームの練習場所でもあるという話を聞いて
これ登ろうなんて馬○でしょ! 私は無理~! ってな話をしていたのに。
kenさん・・・その時にはすでに登っていましたか・・・さすが

下りきったところには川が流れていました。
さっきのところから流れてきているのでしょうか。

  river.jpg

さ~~、まだ下り基調だし、足休めたし、私が牽きま~~~す( ̄ー ̄)ノ 
35km/h over で牽きますよーー!

で、案の定すぐにペースが落ちてすこさんと交代ww

これがホントの鬼牽きっ

がっつり牽いてもらって、あっという間に物見へ向かう見慣れた道まで戻ってきました。
結構足きてます・・・・・裏物見あるんだよ・・・
大丈夫? 私?

登れなくはないけれど、いつも以上に遅いので、ほとんど押してもらいました(^^;
押してもらうと速いんだも~~ん

下のコンビニで休憩&補給。

あとはノンストップ! しっかり走ってきました。
あとの用事にもなんとか間に合いました (^^;ヨカッタ~


あれ? +20kmくらいは走った気分なんですけど。
 距離      102.45km
 実走行時間   5:36:20
 AV.speed   18.30km/h  
 MAX.speed   44.00km/h
 AV_CAD     56 
 AV心拍     134
 MAX心拍     178
 消費㌍     2212kcal

帰ってから見たら平均斜度はそれほどでもないみたい。
ん? じゃぁ、なぜキツイ??

絶対リベンジするぞーー! ( ̄^ ̄)ノ
スポンサーサイト
2012.10.10 Wed l 自転車★ l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

>とすとんさん
もぅ、頑張りきれなかった自分にがっかりです・・凹
次回はゆっくりでも手借りずに登りきりたいです!
早くしないと、グリーンも走れなくなっちゃう、
急がなきゃっ(><;

リフトUP、次はどこへ感染するのでしょう (* ^艸^)タノシミ
2012.10.14 Sun l うぃん☆. URL l 編集
>clmさん
私は途中の景色を楽しむ余裕がないのですが(^^;
それでも、ずっと木々の中を走って開けたところへ出た時は
やっぱりウレシイです(^ー^)♪

帰り道は、ちょっとの坂もキツくてへたれ全開でした(笑)
もうちょっと頑張らないとi-201
2012.10.14 Sun l うぃん☆. URL l 編集
No title
リフトUPは某noriさんがウィルスをばら撒いてるからね~
ボクも感染者だし・・・(笑)
逆グリーン残念だネ・・・でも前回のよりは楽に感じたと思うから、次回頑張って~(*^_^*)
2012.10.13 Sat l とすとん. URL l 編集
いい景色ですね
楽しそうなところですね。

すばらしい風景ですね。
こんな風景が見れるから苦しいけど
登ってしまうような気がします。

それにしても100km越えの自走で峠つき。
すごいですね。

お疲れ様でした。
2012.10.13 Sat l clm. URL l 編集
>すこさん
もちろん、リベンジ行くっしょ(笑)  絶対登ってやるーっ!! 
よろしくお願いします m(__)m

リフトUP、流行だったのね (^^;
お、ホントだ。 うまく持つと輪が3つ!
私、お箸より重いもの持ったことないしぃ~、
なごちゃんはアルミなので無理で~す (^ノo^)おほほ(爆)
2012.10.12 Fri l うぃん☆. URL l 編集
う~~ん
今回は残念でしたね
リベンジお付き合いしますよ~ ( ̄ー ̄)

時間もいっぱい取ってo(^-^)o 行くしょ!!
登るしょ!!

\(*⌒0⌒)b♪ ガンバッテ~

リフトUP は流行りだね
垂直に上げるのが キモ!
偶然!? 三つの輪ができてるゥ~
2012.10.12 Fri l すこっとん. URL l 編集
>kenさん
ほにゃららさん加減はkenさんにはかなわないですよ~(笑)
花立松ノ峠過ぎの眺めは、本当に良かったですi-189

自走っていっても平地で、行きは人も多かったのでゆっくり目のポタでした。
ただ、帰りは線路越えの橋すらちょっとキツかった・・・。さすがに峠の後は堪えますね(^^;
寒くなったらロングですねっ(^ー^)ノ
2012.10.11 Thu l うぃん☆. URL l 編集
坂ほにゃららさん?
うぃん☆さんもとうとうグリーンラインの魅力に取りつかれましたね!?

花立松ノ峠(猿岩線の頂上)からちょっと下ったところの眺めは凄いでしょう!?
先日みんなに見せたかったのは、そこの景色なんです。

私なんかより、自走で行って帰ってくる方が、よっぽど素晴らしいっす!
私もそろそろ距離のリハビリしなきゃ…(^。^;)
2012.10.11 Thu l ken-Z. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://demeter.blog50.fc2.com/tb.php/350-2d94ce19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。